リンク

“京都を彩る建物や庭園”に関する関連地域情報をご紹介します

平成27年7月24日
 
  ランクアップ助成を活用された紫明会館(北区)が国登録有形文化財に答申されました。

________________________________________

 “京都を彩る建物や庭園”制度において「認定」になった建物・庭園を所有され,文化財等の指定・登録を目指す方を対象に,その建物や庭園が持つ価値の保全・再生を目的とした改修工事の費用の一部を助成する「ランクアップ助成」を平成26年11月に創設しました。
 この度,助成第1号となりました「紫明会館」が平成27年7月17日に開催された国の文化審議会において,「登録有形文化財(建造物)」に答申されましたのでお知らせします。


◆登録有形文化財に答申された建物
 ・名 称
  紫明会館(北区)
 ・“京都を彩る建物や庭園”認定日
  平成25年4月25日
 ・目標とされた文化財等
  登録有形文化財(建造物)
 ・建築概要
  建築年 昭和7年
  構 造 鉄筋コンクリート造3階建
 ・建物の特徴・評価 

紫明会館


 京都府師範学校の同窓会館として,紫明通りに面して建てられた鉄筋コンクリート造三階建。外壁はスタッコ塗でアーチ窓を並べ,パラペット頂部をスペイン瓦葺,内外の細部をアール・デコ意匠で飾る。講堂や和室を有するなど社会教育目的の建築的特徴を備える。(文化庁報道発表資料抜粋)
  

広報発表資料はこちら から(外部リンク)

 



紫明会館の個別ページはこちらから