HOMEへ戻る
霊鑑寺(れいかんじ)[Reikanji Temple]

所在地
 左京区
 
選定番号
 第5−003号

 

推薦理由(抜粋)
 書院,本堂の南面に広がる池泉鑑賞式の庭園は,東山連峰の大文字山より西に延びる稜線を利用して造られている。椿の季節には,散椿,日光,紅八重侘助など銘種約30種の花が庭園をうずめている。


認定番号
 第65号

認定理由
 臨済宗南禅寺派の尼門跡寺院である。書院の南寄りの4室と畳廊下は,延宝3年(1675)造営の後西院御所の御休息所・御番所を貞享年間(1684−88)に移建したものである。また,玄関も後西院御所旧殿の移建であり,本堂は徳川家斉の寄進により享和3年(1803)に再建されたと伝わる。如意ヶ嶽山麓の斜面を利用して造られた庭園は,書院南東側に展開し,東半に築山,西半に園池を配する。その中間には滝石組が築かれ,二連の石橋が園池中央を渡っている。境内には,60種類以上にわたる園芸品種の椿の古木が植栽されており,特に後水尾上皇遺愛と伝わる日光や散椿などが貴重とされる。霊鑑寺は,院御所の旧殿遺構である書院を中心に,玄関,表門,創建当初の植栽が残り,尼門跡寺院としての格式を備えており,貴重である。



 市指定文化財(建造物)




リスト1TOPへ戻る
北区マップ |  上京区マップ |  左京区マップ |  中京区マップ |  東山区マップ |  山科区マップ
下京区マップ |  南区マップ |  右京区マップ |  西京区マップ |  伏見区マップ