HOMEへ戻る
俵屋(たわらや)[Tawaraya]

所在地
 中京区
 
選定番号
 第2−057号
  

推薦理由(抜粋)
 宝永年間(1704〜1711年)に太物問屋として創業。次第に宿を本業とするようになり,江戸末期には,様々な京都の地誌に「寄宿」として記載される。蛤御門の変(1864年)で全焼したが,明治初年には旧館が完成する。

認定番号
 第33号

認定理由
  禁門の変で焼失後,明治期初頭の再建と伝えられ,京都で最古格の老舗旅館として知られる。全客室から複数の中庭や外庭が見えるように配置されており,それらの庭と洗練された数寄屋風建築とが一体となり,優雅さと風格を醸し出している。木造2階建て桟瓦葺の主体をなす建物を中心に,当初の骨格を残しつつ,時代に合わせて現代まで増改築を重ねてきており,近現代における旅館の歴史を体現する貴重な遺構と言える。


 国登録有形文化財(建造物),歴史的風致形成建造物


リスト1TOPへ戻る
北区マップ |  上京区マップ |  左京区マップ |  中京区マップ |  東山区マップ |  山科区マップ
下京区マップ |  南区マップ |  右京区マップ |  西京区マップ |  伏見区マップ