HOMEへ戻る
八木家(洛東静処)(やぎけ(らくとうせいしょ))[Yagike(Rakutouseisyo)]

所在地
 東山区
 
選定番号
 第3−053号
  


推薦理由(抜粋)
 白川沿いの広大な敷地に営んだ別邸を原形とし,現在は居住棟と土蔵,庭園の一部が残る。居住棟は,大正天皇即位御大典でも大きな役割を担うなど当時を偲ぶ数寄屋風建築として後世に伝えていくべき住宅である。

認定番号
 第61号

認定理由
 八木家は,呉服商水口屋の五代清八が大正5年(1916)に建てた別邸の遺構である。建設中に大正天皇即位御大典時の首相大隈重信の宿所とされたため,相応しい規模に拡大されて,御本館,玄関・車寄せ,居住棟などの複数の棟から成る広大な邸宅となった。現在は,秘書官居間として使用された居住棟と蔵が残されている。居住棟は,木造2階建,入母屋造桟瓦葺で,内玄関が突出し,1,2階にそれぞれ異なる特徴を持つ座敷を備えた,質の高い数寄屋普請の建物である。また,居住棟南の庭には,別邸当時の庭園から移設したと伝わる灯籠や庭石などがある。


今月の「彩」ページへ



リスト2TOPへ戻る
北区マップ |  上京区マップ |  左京区マップ |  中京区マップ |  東山区マップ |  山科区マップ
下京区マップ |  南区マップ |  右京区マップ |  西京区マップ |  伏見区マップ