HOMEへ戻る
山田家(やまだけ)[Yamadake]

所在地
 伏見区
 
選定番号
 第3−030号
  

推薦理由(抜粋)
 醍醐寺南門の向かいにあって,土塀に薬医門を構え,主屋の玄関に入母屋の式台玄関を設ける。庭も比較的良好な状態が保たれておられ,醍醐寺の周辺に点在する,地域の歴史を感じることの出来る重要な建物の1つである。


認定番号
 第64号

認定理由
 山田家は醍醐寺と関わりのある家柄であり,現当主は18代目にあたる。建物は,明治8年(1875)の建築で,木造平屋建て,切妻造り桟瓦葺で,明治38年(1905)に大規模修繕したものと考えられる。屋敷の敷地は醍醐道に北面し,薬医門を入ると正面に間口約5間,奥行約5間の居住棟,これに雁行する形で間口約5間,奥行約4間の座敷棟が続き,座敷棟は南北に庭を配している。南側の緩やかな築山に囲まれた庭には,枯滝石組や庭の中央に築かれた中島の両側を周り込む枯流れが配され,北側の庭は杉苔が豊かに生えている。山田家は,式台玄関などを備え醍醐寺の周辺地域の歴史的文化を伝える建物として貴重である。


今月の「彩」ページへ



リスト2TOPへ戻る
北区マップ |  上京区マップ |  左京区マップ |  中京区マップ |  東山区マップ |  山科区マップ
下京区マップ |  南区マップ |  右京区マップ |  西京区マップ |  伏見区マップ