HOMEへ戻る
松井家(まついけ)[Matsuike]

所在地
 伏見区
 
選定番号
 第4−018号
  


推薦理由(抜粋)
 洋風と和風の意匠を持った2階建ての建物で,スクラッチタイル調の外壁や木製建具が当時のまま残されている。玄関入口にかかる木札には,電話番号と思われる漢数字が記されており,当時の面影を残している。


認定番号
 第75号

認定理由
 松井家は,助産所を備えた住居として大正後期から昭和初期に建てられたものと推定される。伏見街道に面し,建物は洋館,和館で構成され,入口横にはヒマラヤスギなどが植えられている。洋館は,木造(一部コンクリート造)2階建てで,布目を施した釉薬タイルの外壁には,縦長窓が並び,玄関入口に,重厚な庇を設えた框戸の両開き戸を備えるなど,内外共に洋風意匠が残っている。和館は,木造2階建て,切妻造桟瓦葺で,土間や座敷の構成は町家の特徴を有し,座敷から望む庭は,松や燈籠,蹲踞を配している。松井家は,町家の構成を踏襲しながらも,表棟を洋風建築とする形式として貴重であり,昭和初期の伏見街道の賑わいと活気を現在に伝え,地域の景観の形成に資する建物となっている。



リスト2TOPへ戻る
北区マップ |  上京区マップ |  左京区マップ |  中京区マップ |  東山区マップ |  山科区マップ
下京区マップ |  南区マップ |  右京区マップ |  西京区マップ |  伏見区マップ